FC2ブログ

やや曖昧な単語も調べる訳

英絶ステップ3の注意点で、
「知らない単語だけを辞書で調べるのではなく、
 はっきりとした意味がわからない単語・
 文章の中でどうやって使えばいいのかわからない単語

 も調べて書き取りすること。」とあります。

本を読んだとき、第3ステップ実践の初期の初期(1ヶ月頃)は、
この注意点の意味がわからりませんでした。

ここで言う「やや曖昧な単語」というのは、「はっきりとした意味がわからない」
というだけで、文章の中にこの単語が入っていても
なんとなくつながりで意味が想像できたり、その単語を省いても
意味が通るというものが多いです。

傾向としては、中学・高校の学校英語で習うものが多いと思います。
基礎的な単語です。
でも正確には記憶していなかったり、覚えていないものです。
でもよく耳にしているのでなんとなくわかるという程度のものです。

旧英絶で第3ステップを挫折した時代では、
この分類の単語は、書き取りしないで飛ばしていたと思います。

でも今回は、完璧に使い方がわかって意味もはっきりわかる単語以外は
全て調べているので、「やや曖昧な単語」も書き取りしています。

この「やや曖昧な単語」は、思わず飛ばしたくなる要素があります。
それは、基本的な単語なので、書き取りする量が半端じゃない!!
ノート3~4ページ分。1時間では全部書き取れないこともあります。

でもここで諦めないことが一番重要!!ということが
わかってきました。

というより、初期の段階(2ヶ月目でもまだ初期です。)
全然聞いたことがないような知らない単語を調べることよりも、
「やや曖昧な単語」を調べることのほうがとても大事なのです。

なぜか?
2ヶ月目に入って、少しずつ文章の形どり(段落を分けて文脈を考える)が
スムーズにできるようになってくると、
書き取りしながら、読み込みしながら、
自然と意味を把握できるようになってきました。

難しい文章だとあまり意味が浮かんでこないのですが、
簡単な文章だと意味が浮かんできます。

全く知らない単語というのは、全くどんな言葉か意味かわからないので、
全ての英文が難しい文章になるので、
ほとんど書き流し・聞き流しの状態です。まだ。

少しは意味がわかる。という単語は、日本語の意味を前提に、
英文を読むことになるので、簡単な文章になるのです。

ちょっと説明がわかりずらいですね。自分で書いててそう思います。
例えば、今日書き取りした単語を例に挙げてみます。

【summary】a summary of something is a short account of it,
which gives the main points but not the details.

   これは、私にとっては全然知らない単語です。
   意味の英文も、ほぼ知っている単語で
   構成されているのですが、ぱっと見では理解できません。
   (当初から持っている英語レベルで人それぞれ違うと思いますが、
    私のレベルで話させていただいてます。)

これに対して、

【fall】if someone or something falls, they move quickly downwords
onto or towards the ground, by accident or because of a
natural force.

これは、もちろん知っている単語です。でも、違う意味もあったよなと
   思って一応調べてみました。日本語の意味(落ちる?だと思います)を
   知っていてから英文をみると、すんなり入ってきますよね。

   ひとつひとつ日本語で訳さなくても、英語のまま理解できます。

   さらに、もうひとつの大事な効果があります。

【rain fall】Rain fall is the amount of rain that falls in a place
during a particular period.

【fall】の膨大な書き取りの中に、この英文があります。
    【rain fall】は知らなかったけど、この英文で理解できました。
    さらに、この文章から、
    今まで他の単語の書き取りでたびたび登場していたけど、
    わからないので1ヶ月半の期間、流してきた単語【amount】の意味が
    ひらめきました!!


このひらめきが、やや「やや曖昧な単語」も全て調べる訳なのです。

【amount】の書き取りはもう何週間か前に終わっています。
ですが、全く知らない難しい単語なので、そのときは理解することは
できていませんでした。

でも何度も登場する【amount】と出会うたびに、
わからないけど、何度も出会って発音している単語という記憶に残ります。

そして、今日、【fall】を書き取りした際に、
【amount】の意味がひらめき、私の記憶となったのです。

この連鎖が英絶第3ステップのキーワードその1だと発見しました。

この連鎖には、
「やや曖昧な単語も調べる」ということが重要なのです。

これで、少しずつ、解説文で頻繁にでてくるけど、
何回出てきてもいまいち意味がわからない単語も
いつかクリアになることでしょう。
【particular】【mention】など。

このポイントがわかってしまうと、
辞書で1ページ以上も書いてある、基礎的な単語でも
楽しんで書き取ることが出来ます。
はじめのころは、この多さにウンザリしたものです。

そして私は、【must】や【much】【cost】【miss】【may】【yet】
などなど、中学レベルの単語も喜んで書き取りしていきます!!

・・・・ある意味、知っている単語から書き取りしたほうが
いいんじゃないかな??

でも、知らない単語もたまにわかったり、
いろいろ散りばめていったほうが、楽しいから継続できるという
利点はありますね。







あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!




   
スポンサーサイト



COMMENT : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

最新記事


単語耳・英絶 実践時間

【新】英絶 合計
  1年19日・384日・443時間
  
【第1ステップ完了】
  1週間・8日・3時間

【第2ステップ・書き取り完了】
  1週間・11日・7時間

【第3ステップ】
  12ヶ月・365日・433時間・930単語

    

parrot's law
  5ヶ月・168日・204時間


【ステップ1完了】
  41日・45時間・5曲800回

【ステップ2完了】
  23日・16時間・6課題550回

【ステップ3】
  104日・143時間・8課題695回



単語耳 合計
  5ヶ月・178日・204時間


【vol.1 完了】
  9週間・ 67日・ 91時間

【vol.2 完了】
 14週間・111日・113時間

単語耳【番外編】
  18時間40分・203単語





カテゴリ

【新】英語は絶対勉強するな STEP3 (21)
【新】英語は絶対勉強するな STEP2 (4)
【新】英語は絶対勉強するな STEP1 (2)
Parrot's Law STEP3 (25)
Parrot's Law STEP2 (7)
Parrot's Law STEP1 (15)
単語耳 番外編 (8)
単語耳 vol.2 (23)
単語耳 vol.1 (24)
りんごの単語講座 (2)
【旧】英語は絶対勉強するな STEP3 (11)
【旧】英語は絶対勉強するな STEP2 (16)
【旧】英語は絶対勉強するな STEP1 (15)
多読 (9)
1年間英語の勉強しません! (1)
バイリンガル第1歩 (14)
実力テスト・試験 (6)
休憩 (2)


おすすめテキスト


最新コメント


リンク


月別アーカイブ


Copyright © 「英語は絶対勉強するな!」「単語耳」で英語の達人になるひとの話 All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り